2006年10月01日

骨密度を測定

今日,近所のドラッグストアで無料の骨密度測定というのをやってました.牛乳は毎日飲むけど,魚の骨とかはいちいち取り除く方なので(笑),骨はちょっと自信ない.これまで測ったことがなかったので,診てもらうことにしました.

足のくるぶしあたりの両側にセンサみたいのをあてて超音波で測定します.

で,結果ですが,骨内伝搬速度という形で出てきて「1545m/sec」でした.これって単純に骨の中を超音波がどれだけのスピードで進むかってことなんですかね.とすると,空気中の5倍程度の速さ?ずいぶん速く伝わるんだなぁ...というのはともかく,この結果がいいのか悪いのかということが肝心.僕の年齢だと平均値は1525m/sec位だそうです.数値が高いほど骨密度は高いらしいので,とりあえず平均値はクリアしてました.よかった〜.

一方のカミさんも僕と同じくらいの数値.魚の骨もバリバリ食べる(笑)彼女は僕と同じ数値でガッカリしてましたが...

他にも血圧や血管の硬さ,心負担や血液ドロドロ度なども測ってくれました.どれも大体いい数値だったんだけど,血液ドロドロ度はややダメな値.夏の暑さが終わって寒くなってくるこの時期は,水分の摂取量が少なくなってきて一般的にドロドロ度は上がるというふうに説明してくれたので,水分を意識してとるようにすればいいようです.

これだけ測定してもらった後にサロンパスやばんそうこう,サプリメント類などのお土産ももらえました.サービスいいなぁ.このドラッグストア,いいイメージになりました(←単純).
posted by LONGHILLS at 22:19| Comment(8) | TrackBack(1) | Daily Life | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バルサ,苦しみながらも圧勝

リーガ第5節,サンマメスでのビルバオ戦,1-3 で勝ちました!

エトーの不在,なぜかよくわからないけどロナウジーニョ不調の中でのフエラでの試合.ブレーメン戦後の暗いムードを引きずらなければいいなぁ..と思いながらも観戦です.しかし予想に反せず前半滑り出しからバルサ本来の攻めに精彩を欠いて苦しい展開.ジェステに先制され,「ビルバオにまで勝てないのか(ビルバオは好きなんだけど)...」と我が家は早朝から重苦しい雰囲気に.

でも,カサスのロハからはさすがにエンジンがかかってきたようす.いきなりの退場はちょっとかわいそうだったような気もするけど..で,前半ロスタイムでのプジョルのリーガ今季初ゴーーール!!!グジョンセンのクロスもよかったけど,しっかり押し込んでくれたプジョルはさすが我らがカピタン!!放送ではオウンゴールになってたけど,ちゃんとプジョルが蹴ってたよね! Mundo の記事でもプジョルになってるよ〜.

とりあえず追いつけば後半は期待が持てる.一人のアドバンテージもあるわけだし,ジュリが投入されて前線でのパワーが強化されてからは徐々にバルサ・ペース.グジョンセンが2点目を決めてほぼ勝利は手中に.そして,そして,そのグジョンセンに代わって出場のサビオラ君もきっちり結果を出してくれました!!このゴールまでの組み立てもバルサらしい(^^

ポルテーロがミスしたシーンなんかは「ここにエトーがいれば決められたのに..」とか思うこともしばしばあったけど,最終的には彼の留守もみんなでカバーできることを証明できた試合なんじゃないかな.まだまだ課題は多いけど,少しずつ調子を上げていって欲しいです.

ビルバオだって決して引きこもることなく10人でよくがんばったと思う.試合後はサンマメスのサポーターもスタンディングオベイションだったし,気持ちいい終わり方でした.

今夜はマドリー・ダービーか.アトレティコ,がんばれー.

celebran.jpg
posted by LONGHILLS at 12:23| Comment(2) | TrackBack(6) | BARCA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。