2006年04月22日

ブルー・レイ Disc

アイオーデータやパナソニックなどが次々とパソコン向けブルー・レイ・ディスクの出荷を始めるようですね.

パナソニックのプレス発表
アイオーデータの BRD-UM2

パソコンのドライブとしてはそれほど欲しいと今のところは思わないんだけど,家で使う HDD/DVD レコーダーとして大変欲しい.今使っているレコーダーの HDD の容量が少なくて,そろそろ次のが欲しいなとは思うものの,現行の DVD レコーダをまた買いたいとは思いません.ハイビジョン画質の録画はできませんからね.しかし,今の DVD レコーダを買ったときはビデオとのクオリティの違いに感動したものだけど,すでに満足できなくなってる… 時代の流れとは本当に速い.こういう分野の欲求はキリがないですね.

ところで,今回発売されるドライブの値段は10万円強くらい.そのうちコピー対策に関する規格も固まって家庭用のレコーダが出てくる頃には20万円を切るくらいになるのかな.それっていつ頃なんだろう.
posted by LONGHILLS at 00:43| Comment(4) | TrackBack(0) | Misc. | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このブルー・レイ問題が落ち着くまでHDD/DVDレコーダーを
買うのは待とうとのんびり構えていましたが、気がつくと
数年が過ぎてました(笑)。やっぱりこういうのは
落ち着くという事がないのでしょうね。
Posted by Lay Daddy at 2006年04月22日 10:25
しらなんだ・・
これからはそういうのにも目をむけてかなきゃダメなんだろなぁ・・
Posted by ありかわ at 2006年04月22日 10:36
> Lay Daddy さん
確かにこれで落ち着いたということがないですよね.
最近のこの分野の変わりようというは異常なほどな
ので,ある程度の妥協点が必要なのかもしれません.
とはいえ,お金は無駄にできないので,見極めって
大事だな,と逆に思ったりもします(^^
Posted by LONGHILLS at 2006年04月23日 00:22
> ありかわさん
ようこそ Daily LONGHILLS II へ(笑)
お越しいただきありがとうございます.お元気でしょうか.
ところで,こういうのって情勢を的確につかんで
やっていくっていうことがその分野に携わる方々
には強く求められることなんでしょうね.
いかに伸びる市場でいちはやくリードするかで
その企業が元気になるかどうかが決まりますから
ねぇ.
Posted by LONGHILLS at 2006年04月23日 00:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16871416
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。